善き人のためのソナタ


 共産主義社会とは無縁の東ドイツ監視社会が舞台。すぐれた音楽(というか、文化一般)は、人のイデオロギーまでもゆさぶられる程の力を持っているというお話。