end of summer


 あれだけ嫌いだった夏も終わりに近づくと寂しいもの。花火に想いをのせたところで儚く散ってゆくだけだから、と、嗤ってみたら、もっと寂しくなった。