嗤う分身


 ファーストシーンから「傑作」の香りがする。自分(観客)にも分身がいてどこかで嗤っているのではないかと思ってしまう作品。